マイカーローンを中古車で利用する際には、車種を決める前に仮審査を受けるのが良いです。

変動金利と固定金利

マイカーローンには変動金利とするものと、固定金利とする異なる性質の金利となる商品があります。金融機関やローン商品ごとに異なり、どちらの金利になるかはウェブサイト上や、不明な場合には問い合わせれば確認が出来ます。

短期間の数ヶ月程度で完済をするのであればどちらでも大差はありませんが、長期間の返済計画でマイカーローンを利用する場合には、変動金利と固定金利のそれぞれの利点や欠点、特徴を知っておく必要があります。

多く採用される変動金利

変動金利は多くの金融機関のローン商品で採用されている金利タイプで、契約途中で金利が上下をする可能性がある契約内容となります。年に2回程度の金利の見直しが行われ、現状の金利が市場から見て適正であるかの判断がされます。

プライムレートと呼ばれる基準金利のようなものを参考にする場合が多く、高いと判断されれば金利は下がり、低いとされれば契約途中に金利が上昇してしまいます。

将来的な金利変動のリスクがある代わりに、変動金利のマイカーローンは契約時点での金利が低く設定されているのが特徴となります。

返済が安心の固定金利

固定金利は採用をしている金融機関はそこまで多くはなく、マイナーな金利タイプと言えます。固定との名の通り、変動金利のように契約途中で金利は変わらないようになっており、契約時点での金利のままで返済を進めていけます。

計画的な返済を進めたい方、完済までの見通しを全て立ててからでないとローンを利用したくない方に向きますが、金利が固定される分だけ適用される利率は高くなります。固定のために契約途中で金利が下がることも基本的には起こらず、高い金利のままで支払いを続けなければなりません。

安定性がある反面で金利が高くなるので、何を重視するかによって変動金利か固定金利かの選び方が変わってくるのです。

トップへ戻る